2009年03月23日

語学CDのファイル変換

2004年秋から初めた韓国語講座も4年半たち、
2冊目のテキストに突入。

習ったけど覚えられていない単語・文法多数。
歩みは遅いが、先生の忍耐と生徒さんに支えられ
続けることができています。

先生が用意してくれたテキスト付録CDのファイル形式はMP3。
このCDが一般のCDプレーヤーでは聞けないとのこと。
しかも1課が分割されておらず、スキップができない状態。
語学CDでスキップができないのはかなり不便かと。

そこでファイル変換・分割にチェレンジ。
試行錯誤の結果、手持ちのソフトで編集に成功。

MP3 → WAV
iTunesに取り込みWAVバージョンを作成

WAVファイル分割
BeatJamにて曲の分割
(空白検出後、不要な空白を削除し分割を実行)

等倍速で再生しながらの分割作業は睡魔との闘いで、
正直かなりの時間がかかりましたが、
自分の思い描いた通りに出来上がったのはかなりの達成感。

あとは、どれだけ活用するかが問題だ。。。



posted by myspace at 19:58| Comment(0) | 習い事・勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

丸4年の実態

韓国の俳優ヒョンビンにハマり、
ヒョンビン出演のドラマ『彼らが住む世界』を
リアルタイムでインターネットで視聴中。

リアルタイムということはもちろん字幕なし。
これが驚くほど聞き取りができず、セリフの意味がさっぱりわからん。
万国共通の絵(映像)を観ていれば、
なんとな〜くのあらすじや展開は伝わってくるものの、
好きな人のセリフが理解できなのは、なんともつまらなくもどかしい。

韓国語の先生にこの現状を伝えたところ、
「え〜!ほんとですか〜?みなさんだいたい聞き取れるとおっしゃいますケド・・・」
と、先生もビックリ、私もビックリ。

週1回1時間の韓国語講座に通い始めて丸4年。
受講生の中で一番勉強量が少ないと確信のある私。
字幕付きの映像を観て理解している気になっていたこと、
自習をせず過ごした4年間の語学習得の程度を思い知りました。


HYUN-BIN
ヒョンビン 個人的には右側からの表情が好きかな〜。



posted by myspace at 20:16| Comment(2) | 習い事・勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

日本語って


外国語を習っていると「日本語って言葉が多いんだなぁ」と思う。
もしも自分が日本人ではなく、大人になってから外国語を勉強しようと思った時はたして日本語を勉強するだろうか。
ひらがな・カタカナ・漢字があると聞いただけで尻込みするんじゃないかと。
そう考えると日本に生まれて良かったなぁと思うし、日本語って何かを表現しやすい言語なんだなぁと思う。

日本語を文化・言語として考えると、あらためて日本語ってイイかもと思うのであります。
・・・知らなきゃソンというか、使わなきゃソンというか。。。



posted by myspace at 23:39| Comment(2) | 習い事・勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

読書『リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間』

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間
高野 登
4761262788

数年前、大阪のUSJに行く計画を立てたとき、ツアーパンフレットを「こんな高級ホテルいつかは泊まってみたいなぁ・・・でも高っけ〜な〜」と心の中で思いながらリッツ・カールトンのページを見ていたことを覚えている。

リッツ・カールトン的世界を体験したことがなく、大なり小なりの人間関係に悩みながら生活している私にとって、お客としてはもちろんのこと職場としてもリッツ・カールトンのような場所があるのかどうか正直半信半疑。
ホテルの思いやりにつけこんだ“困った客”はいなかったのかなぁ・・・。

今でも念願はかなっていないが、この本『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』を読んで、この本に書かれていることが本当なのか、どんな出来事があり「そういうことだったのか」と膝を打つのかを体験したいと思った。

この本に書かれていることも大きなくくりでは、“人としてどうあるか”つまりは品格ということにも当てはまるのではないかと。
みんながみんなこういう考え方なら穏やかに生活できるのに。
ホテルの経営者以下従業員の行動のもとになっている考え方は、コーチング的要素も含まれているような感じもあり。

リッツ・カールトンに行ける時・・・宿泊費が貯まったときか、紳士淑女になったときか。。。

この本の中ではホテル経営者をホテリエとしてありました。



posted by myspace at 23:28| Comment(0) | 習い事・勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

読書『願いをかなえる「おそうじ風水」』

願いをかなえる「おそうじ風水」
林 秀靜
4086501333
またまた買ってみた風水の本、状況を変えてみたく、そのきっかけ(原動力)がほしくって。

この本の著者は林 秀靜さん。
定期的におくられてくる江原道化粧品の会報にコラムが掲載されていて、著書は中国風水の観点で書かれています。
この本でもやっぱり、使わないものは捨てそうじをすることで運気がUPすると書かれていました。

明日はお休み、とりあえず玄関の水拭きでもやってみっかなぁ〜。



posted by myspace at 22:59| Comment(0) | 習い事・勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

読書『女性の品格』

女性の品格
坂東 眞理子
4569657052
2006年流行語大賞に選ばれた「品格」という言葉。
この言葉、結構考えさせられる言葉で、手に入れたいけど自分がどのくらい持っているのかいないのかなかなか判断が難しいところ。

この『女性の品格』という本、ふらっと立ち寄った書店で目につき購入。
著者は坂東眞理子さんという方で女性初の総領事をされ現在は昭和女子大大学長。
経歴を読むとガッチガチのお役所人間じゃん!と思うけど、文章からはそんな雰囲気はほとんどなし。
書かれていることも「言われてみればその通り」というような内容で、得に目新しい内容ではないけれど、読みやすく女性としてだけでなく人としての品格にも言える内容。

本を読んで新たな発見はないものの、「品格」があればイジメ(大人の世界も子供の世界も)、虐待、事件が無くなるのではないかと。
「品格」はお金じゃ買えないだろうし、自分が心に決めて実行しないと手に入らないものなんじゃないかと。

よく例えで憧れの男性を「白馬に乗った王子様」などと表現するけれど、この王子様もやっぱり品があるのよねぇ。
byjしかり、ldgしかり、品があるんですもの〜そりゃ憧れますわよ、オホホホホ。



posted by myspace at 22:54| Comment(2) | 習い事・勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

3年目の韓国語学習

8人で始めたクラスが4人になり、他のクラスと合併し3年目に突入した韓国語の学習。
合併後初の授業は、他クラスの方々の気迫と緊張と今までのリズムの違いでポカーンとしたまま終了し、同じクラスから移動してきた方々と「来週も来るでしょ?」とお互いに約束して帰宅。

2年間同じ曜日の同じ時間に同じ場所に通っていたと思うと、我ながら「おぉ〜」と思うけれど、「どれだけ聞き取れ話せるようになったの?」と言われると「・・・たらーっ(汗)」。

私の中ではまだまだ好調で根付いた感もある韓流(というかヨン様)。
韓流がきっかけで習い始めた韓国語だけど、目標もないまま勉強するのは覚えが遅いみたい。
試験受けてみる?。



posted by myspace at 09:45| Comment(2) | 習い事・勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

簿記試験終わる

あ〜終わったー。
今日は日商簿記検定試験日。
簿記の試験て、回によって難しい問題と簡単な問題が交互に出ると言われていて、今回は難しい回と聞いていたけどどうなんでしょう。
合否はともかく、簿記は「繰り返し練習問題をやれば合格する」と言われてきたけど、今回はそう言われるワケが解りました。

前回受けたのは2月で今回は6月。
2月の試験では風邪や花粉症の人の鼻をすする音が気になりましたが、今回も若干気になりました。
携帯の電源を切ってない人、ゲーマー?と思うとように電卓を打つ人など気になり周りの音はちょっと気になる。
あと、脚がガタガタする机も気になるかな。
試験会場は市内の高校でしたが教室の机ってあんな小さかったっけ?
受験票、身分証明書、電卓、筆記用具、問題用紙、解答用紙を置くとけっこういっぱいいっぱい。
前回は消しゴムを落とし、今回はシャープペンをフッ飛ばしました。たらーっ(汗)

法律の改正があって、次回の試験からは内容がかわるらしいから受かってほしいけど・・・。





posted by myspace at 13:01| Comment(1) | 習い事・勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

簿記試験せまる

4月からはじめた簿記3級の講習会もきのうで終了。
先生を含め4人での講習は和やかなムードで、リタイヤすることなく通うことができました。
最終日には模擬試験をやったのだけど・・・撃沈バッド(下向き矢印)
ひとひねりした問題文に私も首をひとひねり。爆弾
問題を解くと、自分が理解していないところが明確になって、「簿記の合格率は問題を解く回数に比例する」という先生や経験者の話に納得できる。
学校生活で勉強や試験に対し成功体験の少ない私に、簿記の勉強は楽しくない。
ブログをやったりエクセルやワードの操作を覚えるのは楽しいでのに・・・。
事務の仕事をやる上でも、成功体験を増やすためにも、ここは踏ん張りどころかなーとは思うんだけどねぇ〜、どうすんの?私。




posted by myspace at 00:41| Comment(4) | 習い事・勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

郵便局にモノ申す

なんだか私はあっちこっちにモノ申しているなあ。
今日は郵便局にモノ申してみた。
どうしようか迷ったがtelしてみた。そのことばかり考えて悶々としていてもストレスだし。

理由は、全く同じ依頼をしたのに窓口の担当者の対応に差があったから。
Aさんは言葉遣いも丁寧で依頼内容にあった用紙とボールペン・朱肉を窓口に用意してその場で用件が済むようにしてくれたが、Bさんは用紙を差し出しあっちのカウンターで書いて出直してこいといわんばかりの対応。
例えて言うなら、Aさんは民営化にむかって気持ちを入れ替えているが、Bさんはお役所が抜けていない感じ。
同じ郵便局で同じ窓口なのにこんなにも差があるのね。

電話に出た方は落ち着いた話し方で丁寧な言葉遣い、窓口担当者の名前を教えてくれというので迷ったがAさんとBさんの名前を出しそれぞれ良く感じたこと、イマイチだったことを説明。

感じたことを伝える場合、まず相手に「○○について感じたことをお伝えしてもよろしいですか」と聞いてから、良かったことイマイチだったことを伝えるようにしています。

こんなふうないい方ができるのもコーチングを習った成果だと思っています。




posted by myspace at 11:23| Comment(0) | 習い事・勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。